分煙社会に必需品の分煙機

近年、日本を始め欧米諸国などでは分煙社会が広がっています。

分煙社会とは、タバコを吸っていない人が「タバコの煙がいや」、「受動喫煙で健康被害が心配」という経験をしなくてすむ社会のことです。



これまででは、企業のオフィス内であればどこでも灰皿が置かれ、タバコの煙の中で業務に取り組んでいたという話を聞きます。



分煙社会の考えは浸透しており、大企業のみならず、中小企業にも多く見られるようになってきました。そんな中必需品とも言えるのが分煙機です。
オフィスや百貨店やショッピングモールなどに見られる、煙を吸い込んでクリーンな空気にして排気してくれる装置です。


分煙機にはカウンター式やテーブル式などの種類があり、設置する場所や環境に応じたものを設置することができます。


最近の製品は、省エネ運転のための人感センサーがついているものや、強弱の切り替えを手動で行えるものもあります。



強力で幅広い吸引力で、顔の辺りに漂う煙も確実にキャッチしてくれるのが特徴です。

4~8週間で集塵フィルターの交換やメンテナンスをメーカーの担当者が行うので、高い分煙効果を維持することができます。

一般に、万一落ちたタバコの火を捕える「プレフィルター」、電気的吸着効果をもった「集塵フィルター」、タバコの不快なにおいを消す「脱臭フィルター」にの3種類に分かれているものが主流となってきました。

タバコを吸う人も周りの目を気にせずにゆっくりと、一服や気持ちの切り替えをする意味でもこの分煙機は今の社会に必需品であると言えるでしょう。

吸う人も、吸わない人にも快適な環境を提供してくれるのがこの分煙機です。